カリキュラム

領域 人間と社会

領域 人間と社会

介護を必要とする方を理解するために、人間とは、生と死、家族の意義、社会との関係等を学び、尊厳の保持、介護実践の基盤となる教養、総合的な判断力、豊かな人間性を養います。

◆介護倫理 人間関係論 社会福祉概論I,II 法とくらし 教育学 現代社会 社会保障関連制度論 くらしと文化

領域 介護

領域 介護

介護を必要とする方がより良い日常生活が送れるように、適切な支援、援助技術の実践ができるように講義や演習、実習を通して習得します。

◆介護の基本I~III コミュニケーション技術I,II 生活支援技術A~E 介護過程I~IV 介護総合演習I~IV 介護実習I~III

領域 こころとからだのしくみ

領域 こころとからだのしくみ

介護を必要とする方の心と身体の関わりを理解し、介護予防からリハビリテーション更には看取りまで、介護に必要な観点から医学、看護、リハビリテーション、心理等の諸分野を学び、介護を行ううえで基礎的な知識を養います。

◆老人の理解I,II 認知症の理解I,II 障害の理解I,II 基礎心理学 こころとからだのしくみI~III ターミナルケア